ホーム  校長室  行事予定  三輪小ライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

11月 校長挨拶
足元に舞う木々の葉に、冬の足音を感じる季節を迎えました。 10月27日、5年生が稲刈り、そして米作りを支えたアイガモへの感謝の会を開催しました。

会では米作り名人の岡部氏、おやじの会の方々をゲストにお招きし、稲を守り育て、自らも成長し食物となるという尊い役割を全うしたアイガモに感謝の思いを捧げ、かも鍋を会食しました。「アイガモさんありがとう。」命をいただくという食の意味を見つめた子ども達の言葉が胸に響きました。早朝から鍋作りに腕をふるってくださった保護者の皆様、稲刈りにもご尽力くださったおやじの会はじめ皆様に心から感謝申し上げます。

校長先生

そして11月2日・3日、素晴らしい秋晴れのもと、6年生114名が修学旅行、長崎の旅に出かけました。

1日目は長崎市内にて、平和と歴史・文化を学ぶ旅でした。原爆資料館、被爆体験者のお話では、 ささやかな幸福を奪う原爆・戦争の恐ろしさ、平和の尊さを学びました。そこから、平和公園を訪ね、平和祈念像を前に犠牲となった多くの方々への哀悼の意、一面の焦土から街を再興された市民への敬意を表し、平和への祈りと誓いを捧げました。そして、グループに分かれ、さるくガイドさんと一緒に如己堂、浦上天主堂等の平和の旅。ガイドさんの熱心な語りと、子ども達への優しさに感謝の思いでいっぱいになりました。

山王神社でガイドさんとお別れすると、各班のプランで出島、中華街、眼鏡橋や大浦天主堂、グラバー邸等、歴史と文化の旅。どのグループも終着地の大浦天主堂前に無事到着し、みんな元気にホテルに着きました。夕食、デザートのチョコレートフォンデュには笑顔があふれ、旅の疲れを癒やされました。

2日目は、ペーロン体験、ハウステンボス。牧島町でのペーロン体験は、担任のドラに合わせて かけ声をかけ合い、長い船をこいでの学級対抗レース。海に子ども達の声が響きました。そして楽 しみにしていたハウステンボス。フリーパスと1000円のランチ券を握りしめ、各班は場内を駆け 巡りました。そして114名は、たくさんの学びと思い出、家族へのおみやげを抱え、ふるさとへ もどって来ました。

保護者の皆様、旅の準備やお見送り、お迎えなど大変ありがとうございました。担任をはじめ 引率の職員も子ども達の体調や安全面等に緊張感をもって臨んだ2日間でしたが、6年生と共に意義ある2日間となりました。

校庭には今日も朝から子ども達の元気な声が響いています。 11月18日(土)のみわっ子文化祭に向けた各学年の取組も佳境に入ります。 子ども達にとって、職員にとって、そして皆様にとって、ますます活気あふれる季節となりますことを願っています。

P.S 今月も児童の作文を一つご紹介します。

■おばあちゃんのうめぼし

三輪小学校 3年 半田あきひさ
「お母さん、早くして。」
ぼくは待ちきれないでいた。

今日は、おばあちゃんの家でうめぼしを作る日だ。今日のうめぼし作りはぼくにとってこの夏休みで一番大事な行事なのだ。なにしろぼくの大好物である「うめぼし」それを初めて作るのである。

ぼくの味かくをとらえてはなさない「おばあちゃんのうめぼし」には、きっとカレーに入れるしょうゆのような「かくし味」や、いくつものむずかしい「工てい」などいろいろなひみつがあるはずだ。そのひみつが今日とき明かされる。ぼくはむねをわくわくさせながらおばあちゃんをたずねた。

意外にも、おばあちゃんは、干したうめと、もみしそ、そしてビンだけを用意して待っていた。
「おばあちゃん、これで全部?」
「ああ、そうだよ。」
ただ、そのしわの寄った干しうめは、あざやかなペールオレンジに色づいて、ぼくのみかくをしげきした。ぼくは、おばあちゃんのゆるしをもらい、一つかじってみた。

「うっ。」
ぼくは、その干しうめのきょうれつな塩からさとすっぱさに思わず声をあげてしまった。干しうめには、水分はまったくなく、代わりにたくさんの塩分がふくまれていた。
「あきちゃんが大好きなうめぼしは、しそと塩とすだけで作るんだよ。」

そう言うと、おばあちゃんは、しそとうめをていねいに重ねながらびんにつめ始めた。ぼくは、おばあちゃんと息を合わせて、しそとうめを交ごにつめていった。 さいごに、おばあちゃんが、上からすを流しこみ、かたくふたをした。

ぼくは、中身がいっぱいにつまったビンを両手で持ち上げてみた。それはずっしりと重くて、何だか幸せな気持ちになった。おばあちゃんが言った。
「今年のうめは、あきちゃんとおばあちゃんの二人でつけたから、2倍重たいかもしれな いね。」
帰りに、おばあちゃんから去年つけたうめぼしをもらった。期待どおりの味だが、来年はさらに2倍おいしいうめぼしが食べられると思っている。


筑前町立三輪小学校校長  井手 一彦  



PS. 学校応援メッセージを始めました。

本校の子ども達や職員への激励、また気になることなど、下のメールアドレスまでお知らせください。元気で愛される学校にするために、どうぞよろしくお願いします。
miwashou1@town.chikuzen.fukuoka.jp

平成29年10月の校長挨拶はこちらです。
平成29年9月の校長挨拶はこちらです。
平成29年8月の校長挨拶はこちらです。
平成29年7月の校長挨拶はこちらです。
平成29年6月の校長挨拶はこちらです。
平成29年5月の校長挨拶はこちらです。
平成29年4月の校長挨拶はこちらです。
平成29年3月の校長挨拶はこちらです。
平成29年2月の校長挨拶はこちらです。
平成29年1月の校長挨拶はこちらです。
平成28年12月の校長挨拶はこちらです。
平成28年11月の校長挨拶はこちらです。
平成28年10月の校長挨拶はこちらです。
平成28年9月の校長挨拶はこちらです。
平成28年8月の校長挨拶はこちらです。
平成28年7月の校長挨拶はこちらです。
平成28年6月の校長挨拶はこちらです。
平成28年4月の校長挨拶(2)はこちらです。
平成28年4月の校長挨拶(1)はこちらです。



■学校の教育目標


社会を生き抜く子どもの育成


【 知 】
進んで学ぶ子

【 徳 】
素直で優しい子

【 体 】
体を鍛える子

自ら問題を見つけ、よく学び、考え、解決していく自学と創造の力。 異なる文化や考えを受け止め、共によりよい社会を築いていく協働の力。 困難にも負けない粘り強い体力・気力と自らの健康・安全を守る力。


■本年度の重点目標


子どもが語る、子どもが創る


進んで学ぶ子

素直で優しい子

体を鍛える子

◎授業改革

・ペア、グループ、全体交流、振り
 返りを子ども達自身の力で展開
・ICT:電子黒板、タブレットの
 効果的活用
・算数の各単元末で三輪小活用
 問題集を導入。
※北筑後教育事務所主管「主体的・対話的で深い学び授業実践講座」を10月25日開催

◎英語教育の推進

・校内英語放送の充実
・英語クラブ、英語スピーチ、
 英語環境づくり
・E-stationの継続運営

◎課外学習の充実

・放課後寺子屋
・家庭学習強化週間
・Summer、Winter School
・小中交流授業

◎カリキュラム・マネジメント

・三輪小ハッピープラン
(視界を社会に開く1年間の体験・成長ストーリー)を児童・家庭・地域で共有推進

◎人権教育の推進

・様々な人権課題に対応できる
 職員研修の推進
・感じ・考え・行動できる
 心に響く授業の工夫

◎生徒指導の充実

・いじめ・不登校等防止のための
 連携体制強化
・マンツーマン体制継続

◎道徳教育の充実

・道徳の時間における
 共に考え合う場の充実
・心に響く体験活動の実施
 (命の授業等)

◎体育の時間の充実

・柔軟性向上のための
 ストレッチ等導入
・個々の運動量を確保する
 授業づくり

◎運動習慣の育成

・年間3回の「みわリンピック」の
 充実
・県主催スポコン広場への
 参加・挑戦

◎安全管理の徹底

・第3次「三輪小見守り隊」
 編成、巡回
・危険箇所点検の徹底
・筑前町食物アレルギー防止指針
 の徹底励行

◎食育、健康づくりの推進

・「おにぎりの日」開催
・「お弁当献立」の実施
・「のこさんデー」実施
・児童会によるインフルエンザ
 防止等の取組

信頼される学校づくり

◎教職員の実践的指導力育成

・「人材育成推進チーム」による課題対応研修会、「三輪小職員の手引き」の徹底

◎特別支援教育の推進

・「インクルーシブ教育システム推進チーム」によるチーム会議、合理的配慮徹底

◎コミュニティ・スクールの充実

・「三輪小中合同」地域活性化活動の推進(草場川ホタル放流、合同授業研等)


■学校通信


平成29年度学校通信

■学校通信 [5号]
■学校通信 [7号]
■学校通信 [8号]
■学校通信 [9号]
■学校通信 [1号]
■学校通信 [2号]
■学校通信 [3号]
■学校通信 [4号]


平成28年度学校通信

■学校通信 [17号]
■学校通信 [18号]
■学校通信 [19号]
■学校通信 [20号]
■学校通信 [13号]
■学校通信 [14号]
■学校通信 [15号]
■学校通信 [16号]
■学校通信 [9号]
■学校通信 [10号]
■学校通信 [11号]
■学校通信 [12号]
■学校通信 [5号]
■学校通信 [6号]
■学校通信 [7号]
■学校通信 [8号]
■学校通信 [1号]
■学校通信 [2号]
■学校通信 [3号]
■学校通信 [4号]