ホーム  校長室  行事予定  三輪小ライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

最新の校長室ページはこちらです。

12月 校長挨拶
校長先生 東の空に、暁のグラデーションが鮮やかな季節を迎えました。 師走は時の間に過ぎゆき、もう暮れのご挨拶となってしまいました。

2016年は、1月、朝倉市での平塚川添遺跡駅伝大会女子優勝のビッグニュースからスタートしました。

3月の卒業式では112名の6年生を見送り、4月には125名の新1年生をお迎えして、729名による新年度が始まりました。
5月は運動会。雨で大幅にスケジュールが変わる中、皆様のご協力のもと、子ども達は素晴らしい演技を展開しました。夏は水泳の季節。校舎にいてもプールからは子ども達の歓声が聞こえてきました。
2学期に入ると、授業が少し変わりました。司会や説明など、子ども達が進める授業は「学びの主役は私達」という空気を奏で、意欲的に学ぶ姿が輝きました。
10月の「みわリンピック」では、学年目標目指し、時間を惜しんで大縄跳びの練習に励む子ども達の姿がありました。苦手な子も、友達や家族の励ましと自らの努力で挑戦を続けました。そして、すべての学年が目標を達成しました。
11月は皆様お待ちかねの「みわっ子文化祭」。今年も各学年の発表は、たくさんの方々の胸を打ちました。片隅で涙をぬぐう職員の姿に、指導を重ねてきた彼らの熱い思いにも胸を打たれました。
12月、6年生は久留米石橋文化ホールでの筑後地区音楽祭合唱の部に出場しました。その美しい歌声は満員の会場を包み、他の学校の保護者までもが「何てきれいな声。」と涙を流しておられました。また、先日の持久走大会。学級や学年の目標、そして自分の目標を立て、子ども達は頑張りました。5年生は、練習のときからみんなの走った距離を合わせて「九州1周」にチャレンジ。ついに完結しました。

この1年、子ども達の努力や優しさ、そして成長に励まされつつ、また、保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力のもとで、職員一体となって誠心誠意、教育活動に励んできました。しかしながら、ときにご心配をおかけしたこともありました。そのことを私どもの心の中で風化させることなく、新しい1年も真摯に精進して参りたいと思います。 子ども達の可能性を信じて・・・。

皆様にとって、間もなく訪れる新しい1年が素晴らしい年となりますことを祈念申し上げ、お礼のご挨拶とさせていただきます。 今日も、校庭には、朝から子ども達の元気な声が響いています。

筑前町立三輪小学校校長  井手 一彦