ホーム  校長室  行事予定  三輪小ライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

最新の校長室ページはこちらです。

2月 校長挨拶
校長先生 朝の凜とした空気に、子ども達の明るい声が似合う季節を迎えました。

先日開催された「平塚川添遺跡少年駅伝大会」(男子28チーム、女子12チーム参加)に本校から男子1、女子3、混合1チームが出場し、女子Aチームが2連覇、男子Aチームが準優勝という大変素晴らしい成績をおさめました。

当日はこの冬一番の寒気襲来。降雪による厳しいコンディション。しかし逆境に臆せず一刻も早く仲間にタスキをつなごうと懸命に走る三輪小27名全員の姿は立派でした。

校長先生 また、2月1日(水)田頭筑前町長が西日本新聞子ども記者との懇談会を催してくださいました。

本校5名の子ども記者達は、緊張しながらも取材活動の様子やこれからの抱負を語りました。田頭町長からは筑前町の発展への願い、そして町の未来を担う子ども達への熱いメッセージを賜り、記者たちは次への意欲に満ちていました。

さて、世の中を見てみますと、これまでの社会の進展により、豊かさや便利さをたくさん享受してきた私達ですが、今、多くの困難な問題に直面しています。少子高齢化、格差社会、環境の変動、原子力問題、民族の対立や紛争、そして様々な差別、排他主義・・・。どれも私達の未来にかかわる難しい問題です。

校長先生 次代を担う子ども達には、人間の素晴らしさ、命や人権の尊さ、他者への思いやり、分かち合う精神を大切にしながら、豊かな感性と柔軟な発想をもって、他者と共に社会を、そして自らの人生を切り開いていく意欲や実践力を育む教育が求められます。

そうした中、本校は、今、日々の授業を大事に、「何が分かったか」という知識とともに「どのように学んだか」という学びの過程を大事にしています。子ども達が自ら問題をとらえ、自ら考え他者と共に解決していく「子どもがつくる授業」を3学期も算数を中心に進めています。その一歩一歩が、自らの未来を、可能性を拓いていく力になると信じています。

「にげる」2月。
いや「にがさない」2月の到来です。

凜とした空気を胸に吸い込んで、明日への大切な日々を逃がさない教育活動に邁進していきたいと思います。 新1年生128名のみなさんが、先日の入学説明会で保護者の皆様と共に本校を訪れました。春にやってくる新しい仲間と出会い、本校の5年生も一段と活力を増したように思います。新たな春の到来が待ち遠しい季節です。

筑前町立三輪小学校校長  井手 一彦