ホーム  校長室  行事予定  三輪小ライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

学校基本情報
児童数 743名
普通学級数 22
特別支援学級数 3
・ひまわり学級(知的障害児学級)
・こすもす学級(自閉症・情緒障害児学級)
・たんぽぽ学級(肢体不自由学級)


本校の特色ある教育活動

学級活動への挑戦

三輪小学校では、全ての教育活動の基盤として、「全員参加を支える学びの土台」を築きたいと考えています。それは、学習ルールを明確にして、学習規律を整えることであり、互いを認め合う学級の雰囲気をつくることです。
学習規律と温かい学級の雰囲気は、知育・徳育・体育・・・すべての教育活動を効果的にするために、なくてはならないものです。

【よさを認め合う話合い活動の積み上げ】

本年度、三輪小学校では、全学級で学級活動に取り組んでいます。主題研修のテーマとして「よさを認め合う話合い活動の積み上げ」を掲げ、子どもが自分たちの生活をよりよくしていく、いわゆる「学級会」を積み上げようとしているのです。
子どもが自分の意見を押し通すのではなく、全体のことを考え、折り合いをつけながら、みんなで一つの結論を目指す学級会・・・そんな学級会の積み上げによって、安心して学ぶことができる学校をつくっていきます。本校における学級活動への挑戦は、人間関係づくりにとどまらず、学力向上のための重要な取組でもあるのです。

校訓 校訓 校訓

体力向上プラン

学力向上プラン

豊かな心育成プラン

みわりんピック

三輪小学校では、子どもが日常的に運動に取り組み体力を高めるきっかけをつくるために、みわりんピックを実施します。 学期に1回、年3回のみわりんピックは、1stステージ、2stステージ、Finalステージと銘打って行います。

●1stステージ

1学期の1stステージは、体力テストを目標にそれらの種目に挑戦するものでした。

●2ndステージ

2学期の2ndステージでは、長縄ともう一種目(スポコン広場から選択)の競技に挑戦します。学級の仲間と共に、よりよい記録を目指してチャレンジしていきます。この取組のゴールは、10月末の土曜授業に設定し、保護者の方や地域の方にもご覧いただく予定です。

●Finalステージ

Finalステージでは、ロープジャンプに特化して学級ごとに記録更新を目指します。心と体を鍛えるみわりんピックの集大成です。

ユニバーサルデザイン

学力向上の中核は、授業改善です。日々積み上げていく授業は、子どもにとって分かりやすく、学ぶ喜びを味わうことができるものでなくてはなりません。
そのために、三輪小学校では、ユニバーサルデザインの3つの視点を大切にして授業づくりを行っていきます。

●シンプル・・・

この1時間で捉えなければならないゴールを教師が明確に持ちます。ねらいを焦点化し、ゴールを明確にした上で、子どもに「なぜかな?」「考えたい!」と思わせる導入のしかけをつくります。

●ビジュアル・・・

ひと目で分かる工夫をします。そのために絵や図、映像などを効果的に活用します。また、黒板に書くことを整理し、構造的に書くようにします。

●シェア・・・

何が分かったのか、なぜ分かったのか、学習の終わりの振り返りを大切にすることで、子どもが「できる喜び」を味わうことができるようにします。

様々な体験活動

子どもたちに豊かな心を育むために、様々な体験を行わせることを大切にします。

生活体験、自然体験、家庭でのお手伝い体験など、子どもに豊かな体験を積ませたいと考えています。

三輪小学校では、特に縦割り班清掃を中心にした、異年齢集団による活動を大切にしてきました。6年生を筆頭に、上学年の子ども達が、下学年の子ども達をやさしくリードして活動する姿が随所に見られます。

そんな中で、子ども達は、どのように人とかかわるべきかを学んでいっているのです。

※これらは、本校の特色ある教育活動の一部です。三輪小学校の教育活動の全体像は、下のPDFファイルでご覧いただけます。

本校の特色ある教育活動:全体像
 *click to PDF