ホーム  校長室  行事予定  三輪小ライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

学校基本情報
児童数 758名
普通学級数 23
特別支援学級数 6
・ひまわり学級 (知的障害児学級)
・こすもす学級、さくら学級、なのはな学級、つくし学級 (自閉症・情緒障害児学級)
・たんぽぽ学級 (肢体不自由学級)


学校の教育目標

○学校の教育目標   豊かな未来を創り出す子どもの育成

【 知 】
進んで学ぶ子

【 徳 】
素直で優しい子

【 体 】
体を鍛える子



○課題

〔教育課題〕

〔経営課題〕

■自ら学ぼうとする意欲と学びの自覚化
■学力格差(低位層児童)の克服
■思考力・判断力・表現力の育成
■規範意識、人権意識の高揚
■インクルーシブ教育の充実
■次世代教員(特に若年教員)の育成
■一人を、今を見逃さない指導体制
■三輪スタンダードを用いた授業改善
■小中共通テーマを基にしたカリ・マネ
■組織一体による超勤縮減等働き方改革


○教育課題解決への重点目標31

課題に挑み、解決したことを表現できる子どもの育成
〜「よし!」で次のやる気を〜

指標 1.学力育成  :学力調査C段階児童の割合  27.3%→17.8%
   2.自己指導能力:言葉遣い、あいさつ、そうじ、ゲーム等  児童ア:86.8%→90%
   3.いじめ防止 :校内発見率  80%
   4.学校組織力 :チームによるPDCA、超勤縮減  校務システムでのタイムマネジメント実感率80%


○具体的構想   〜社会に開かれた教育課程の推進〜

【教育課程の推進】

【組織運営の充実】

【教職員研修の推進】

課題に挑み、解決したことを
表現できる学び

●移行措置の確実な履行

・外国語科・外国語活動
・特別の教科道徳
・学級活動、総合
・プログラミング教育

(1)主体的・対話的で深い学び

「見方・考え方」を働かせた授業
・「書く」活動の位置づけ
・振り返りに「内容知・方法知」で
 伸びの自覚化→学びの意欲化

(2)三輪小ハッピープラン

出会いと自己成長
・人権教育、道徳教育
・児童会・係の自治活動

(3)小中一貫・連携教育

9年間を見通した学びの積み上げ
「草場川へおいで」充実

(4)特別支援教育の充実

自立活動、生単の充実
学習活動時、交流学習時に生じる
 困難さへの対応

多様化する課題対応システムと
地域学校協働活動推進

●課題対応型チームによるPDCA

学力向上推進部
・授業づくり等 3チーム
豊かな心育成部
・人権教育等  3チーム
健やかな体育成部
・体力向上等  2チーム
信頼される学校づくり
・人材育成等  3チーム
※「三輪っ子の約束」
 →安全・安心な学校

●コミュニティ・スクール

「みわ道」の浸透
地域学校協働活動事業
・放課後寺子屋の充実
小中一貫・連携教育推進
・小中連携活動の推進
・「ネット4ない宣言」浸透
・生徒指導・学習規律

●小中一貫・連携体制

小中合同推進チーム編成
三輪校区保幼小中連携
 の取組の充実

実践的指導力を磨き合う
校内研修

●授業力の育成

自ら課題を設定し、
 解決できる子どもの育成
・県重点課題中間発表会を核に
 実践・修正
・三輪スタンダードを用いた
 授業改善
 「問いや見通し」「振り返り」
・総合を軸に小中共通テーマを
 基にしたカリ・マネ

●人権教育実践力の育成

教育実践の磨き合い
・授業公開、実践交流
個別の課題に係る教育
・同和問題、LGBT等
・家庭啓発の促進

●課題対応力の育成

新教育課程対応研修
・「総則」の理解浸透
コンプライアンス研修
・外部指導者の招聘
学校問題等対応研修
・生徒指導・いじめ防止